福島の気持ち...『ハート』なキャンドル 国内外からの支援感謝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
イベント会場にともされたハート型に並べられたキャンドル=4日、福島市

 被災した古里を元気にしようと活動する「Happy&Thanksハートプロジェクト」(事務局・NTT東日本福島支店)が主催するイベントが4日、福島市の街なか広場で始まった。5日まで。初日は、本県で支援活動を続けるキャンドルアーティストのキャンドル・ジュンさんが並べた幻想的なろうそくの火をバックに、コンサートが開かれた。

 市内各所にハート型の電飾を点灯して国内外からの支援に感謝を伝えるプロジェクトの一環。会場にはろうそくがハートの形に並べられた。キャンドル・ジュンさんがあいさつした後、アーティストの谷本賢一郎さんと青谷明日香さんが演奏を披露した。

 会場では本県と宮城、岩手の被災3県のほか熊本地震の被災地の支援団体と連携した「ふくしま絆のマルシェ」も開催。各地の特産品などを扱う飲食ブースが並んでいる。

 5日は午前11時~午後5時。ふくしま絆のマルシェのほかステージでダンスなどが披露される。