ぬくもり感じる木のおもちゃ 国見で赤ちゃん誕生祝いプレゼント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
贈られた「あつかしコロコロ」

 福島県国見町の誕生祝い品贈呈式は5日までに、町観月台文化センターで行われ、2016(平成28)年に町で生まれた23人の赤ちゃんに、町産スギ材を使ったオリジナルデザインのおもちゃ「あつかしコロコロ」がプレゼントされた。町の木育推進事業の一環。

 太田久雄町長が4地区の代表の親子におもちゃを手渡し「木の持つぬくもりを感じてもらいたい」とあいさつ。町と連携して同事業を進めるNPO法人日本グッド・トイ委員会の馬場清事務局長も「長くこの木のおもちゃで遊んでほしい」とあいさつした。

 おもちゃは、同町のあつかし山を転がる葉っぱや果物をイメージしたといい、町が開いた「木育木工セミナー」の参加者がデザインし、伊達市の白井木工所が製作した。