福島県ソング・雲のかなた『短編アニメ』制作 福島ガイナックス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
短編アニメ「雲のかなた」の一場面

 県とアニメ制作会社の福島ガイナックス(三春町)は、県のオリジナルソング「雲のかなた」に合わせた同名の短編アニメーションを制作し、6日の披露会で発表した。

 アニメは「みらいへの手紙―この道の途中から」シリーズの11作目で、相馬市松川浦が舞台。傷ついた野鳥のコサギが空に飛び立ち、松川浦に帰ってくる姿を描いている。

 俳優ディーン・フジオカさん(須賀川市出身)がナレーションを担当、女優松井愛莉さん(いわき市出身)がタイトルを読み上げている。披露会に出席した福島ガイナックスの浅尾芳宣社長は「極力、説明を省き抽象的にした」と話した。

 ユーチューブで公開中

 「雲のかなた」の楽曲や歌詞は特設サイトからダウンロードできる。アニメは動画投稿サイト「ユーチューブ」の福島県公式チャンネルで公開中。