女性職員も使える!強盗対策に新装置「一発チェッカー」初導入

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「一発チェッカー」の使い方を確認する女性職員

 いわき信用組合(いわき市)は強盗などの事件に対応するため、小型のカラーボールを発射する装置「一発チェッカー」を導入する。導入は県内の金融機関としては初めてという。

 8日に市内を中心に各店舗に配備する。一発チェッカーはガス圧とバネの力で、通常のカラーボールよりも小ぶりな直径5センチのボールを発射する装置。飛距離は20~25メートル程度で、投げるよりも命中精度が高く、県金融機関防犯対策協議会や県警が導入を推進している。

 一発チェッカーは女性でも操作でき、窓口に置けば目立つため、犯罪抑止の効果もあるとしている。

 6日、同信組本部で女性職員が使い方を確認した。