若旦那と農業男子がコラボ 土湯温泉・第5号図鑑に紹介

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
若旦那と若手農業後継者のコラボがテーマの若旦那図鑑を手にする渡辺部長(右)と安斎会長

 福島市の土湯温泉旅館事業協同組合青年部は、温泉の若旦那を紹介する冊子、土湯温泉「若旦那図鑑」第5号を作製し、7日発表した。同温泉観光協会やJAふくしま未来の直売所などで無料配布している。

 今号は、若旦那と同市の平野農業後継者協議会の若手農業後継者の連携企画を掲載。若手農家が手掛けたリンゴのジュースなど6次化商品を使った、同温泉の「若旦那バー」のカクテルなどを紹介している。福島学院短大情報ビジネス科の学生が企画・編集に携わった。

 対象旅館から2カ所とJAふくしま未来農産物直売所2カ所を巡り、同図鑑付属の専用はがきで応募すると果物などが当たる企画も展開する。

 同市で会見が開かれ、同組合青年部の渡辺樹璃案(じゅりあん)部長が「温泉地と農家が連携して元気を発信していきたい」と話した。同協議会の安斎秀俊会長は「農家の取り組みを知るきっかけになってほしい」と述べた。