笑顔咲く、福島大合格発表 前期日程、福島県内出身217人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島大は7日、一般入試前期日程の合格者575人(前年比11人減)を発表した。福島県内の合格者は217人(同3人減)で全体の37.7%(同0.2ポイント減)を占めた。

 受験者は1663人(同172人増)で、実質倍率は2.9倍(同0.4ポイント増)だった。

 合格者を出身都道府県別でみると、本県が最も多く、宮城77人、茨城65人、栃木46人、山形36人、岩手28人、新潟23人、青森16人、秋田14人、群馬12人と続いた。

 同大では、キャンパスで合格を確認した生徒の笑顔が広がった。人間発達文化学類に合格した男子高校生(18)は「アルバイトもやってみたい。自立した生活を目指し、自分に厳しくやっていく」と大学生活への意気込みを語り、「将来は人の役に立つ社会人になりたい」と目を輝かせた。