韓国チャーター便、日本航空で福島発着に 済州航空から変更

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発事故に伴う健康被害への懸念から、韓国の済州(チェジュ)航空がツアーのチャーター便出発地を福島空港から仙台空港に変更する動きが出ていた問題で、県は8日、運航会社が日本航空に変わり、予定通り福島から出発することが決まったと発表した。

 ツアーを催行する旅行大手エイチ・アイ・エスによると、済州航空から出発地変更の要請があったが、募集が福島発着だったため他の会社に打診し、日本航空が応じた。韓国メディアは、済州航空の乗員が放射性物質による健康被害を不安視していると報じていた。

 原発事故の影響で、福島―ソウルの国際定期便は休止され、県によると韓国への便は約3年半ぶり。予定通り18日に福島から韓国・仁川(インチョン)国際空港に飛び、20日に戻る。県は「正確な情報発信で、福島の安全性を理解してもらえるよう引き続き取り組む」としている。