震災詠んだ詩紹介 いわきの草野心平記念館、31日まで企画展

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
詩集などが展示された会場

 いわき市の草野心平記念文学館の企画展「3・11文学館からのメッセージ『復興の軌跡と文学』」は31日まで、同館で開かれている。震災の記憶を詠んだ詩集などが紹介されている。

 全国文学館協議会の共同展示企画として、震災の記憶を止め死者たちへの鎮魂と哀悼などを目的に、同協議会に加盟する全国の文学館で開かれている。

 同館では、震災後に作品を発表した浜通り地方の詩人らの詩集や句誌8作品を展示している。震災を主題に、悲しみとともに復興への希望が描かれた作品が並んでいる。

 併設展として20日まで、同市の復旧・復興の進捗(しんちょく)状況を紹介する写真展も開かれている。

 観覧無料。時間は午前9時~午後5時。休館日は20日を除く月曜日と21日。問い合わせは同館(電話0246・83・0005)へ。