泉谷しげる、宇崎竜童、さだまさしさん初共演 郡山で復興支援

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「花は咲く」を歌い上げる出演者

 郡山市の中学生の高校入学資金援助を目的とした東日本大震災復興支援のチャリティーコンサート「忘れない福島―命煌(いのちきらめく)」は10日、同市民文化センターで開かれた。泉谷しげるさんと宇崎竜童さん、さだまさしさんが初めて共演し、歌の力で中学生の進路実現を後押しした。

 「夜回り先生」として知られる水谷修さんが所長を務める水谷青少年問題研究所(神奈川県)と映像企画、制作のウッドオフィス(東京都)の主催。

 コンサートでは3人がそれぞれ歌声を披露。最後に郡山二中合唱部と泉谷さん、宇崎さん、さださん、水谷さんが復興支援ソング「花は咲く」を歌い上げた。

 コンサートに先立ち、水谷さんが「福島の子どもたちに笑顔を」をテーマに講演。自身が関わった子どもたちとの経験談を交えながら「人と人のつながりを大切にし、自分の中にある幸せの花を咲かせてほしい」と話した。

 コンサートは、震災と東京電力福島第1原発事故に伴い、失業や収入が減ったりした世帯で中学生の高校入学時の資金を援助しようと、水谷さんが親交の深い3人に出演を依頼し、実現。収益金は高校生奨学資金として同市に寄付する。