デジタル世界に驚き 会津若松で動く絵や仮想空間体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
自分で描いた絵を探す来場者

 最新のデジタル技術を駆使したアート体験イベント「フューチャー ワールド アイヅ」は11日、会津若松市の会津稽古堂で開幕した。来場者は普段とは違ったデジタル世界を堪能している。29日まで。

 市や会津青年会議所、会津若松商工会議所青年部、会津地域スマートシティ推進協議会でつくる実行委員会の主催。他分野の専門家で組織するウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」(東京都)のアート作品などで子どもたちの冬の遊び場を提供し、地元企業の新たな仕事につなげようと開いた。会場にはチームラボの4作品を展示。描いた絵が動く作品や、東北初出展のVRゴーグルを装着して仮想空間で文字や絵が描ける体験などが楽しめる。地元企業などの体験ブースもある。

 11日の開会式では、室井照平市長があいさつし、開催を祝った。時間は午前10時~午後6時。