心の復興にランタンの明かり 福島・信夫山、仮設住宅避難者ら作製

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
信夫山公園に並べられた色鮮やかなランタン

 心の復興事業に取り組む一般社団法人ビーオリーブ(東京都)は11日、福島市の信夫山公園でランタン展示フェスティバルを開き、県内外の避難者が作製したランタンの明かりが暗がりに浮かび上がった。

 ランタンは同団体がキットを開発。プラスチック製で7色に光り、真綿で装飾が施されている。

 県内の仮設住宅などで作製教室を開催しており、この日は避難者らが作製した250個を並べた。

 ランタンは今後、大地震に見舞われた熊本県益城町の小学校と大火事が発生した新潟県糸魚川市の被災世帯に贈られる。