内堀知事「違和感覚えた」 安倍首相式辞『原発事故』文言なし

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東日本大震災の政府主催追悼式で安倍晋三首相が式辞に「原発事故」の文言を使わなかったことについて、内堀雅雄知事は13日の定例会見で「毎年、使われてきた『原発事故』という言葉が使われなかったことに県民感覚として違和感を覚えた」と語った。

 内堀知事は「本県は世界でも例のない過酷な原発事故によって甚大な被害を受けている。過去形ではなく現在進行形の災害」と指摘した上で「原発事故、原子力災害という重い言葉、大事な言葉は欠かすことができないものと考えている」と強調した。

 一方、国の新年度予算措置や福島復興再生特別措置法の改正案などについては「県や自治体の要請を真摯(しんし)に受け止め、しっかりと対応していただいている」と述べ「今後も福島の復興再生に全力を尽くしていただけると期待している」と話した。