38歳被告男の実刑確定 相馬・ポケモンGO死亡ひき逃げ事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 相馬市で昨年11月に起きた死亡ひき逃げ事件で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われ、懲役3年6月を言い渡された、北海道函館市(事故当時新地町)、解体工、被告男(38)の判決が14日、確定した。検察、弁護側とも控訴しなかった。

 判決によると、被告は昨年11月20日、相馬市でライトバンを運転中、スマホに表示されたポケモンGOに気を取られ、前方に停車中の車に乗り込もうとしていた同市の会社員男性=当時(33)=をはねた上に引きずって死亡させ、そのまま逃走するなどした。