なりすまし400万円被害 70代女性、おい名乗る電話信じ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 15日夕方、「おいを名乗る男に400万円をだまし取られた」と郡山市の70代女性から郡山署に届け出があった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、同日午前9時ごろ、女性方においを名乗る男から「連帯保証人になっている友人の会社が倒産しそうになり、連帯保証人を抜けるのに400万円が必要になった。夕方に知人の大西が行くから渡してほしい」などと電話があった。

 話を信じた女性は、同市の金融機関で現金を引き出し、同日午後4時ごろ、郡山駅前付近で大西を名乗る男に現金400万円を手渡した。

 女性が家族に相談し、だまされたと分かった。