安倍首相、4月に福島県訪問で調整 避難解除予定の自治体視察

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 安倍晋三首相が4月8日に本県を訪れ、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興状況を視察する方向で調整が進んでいることが15日、分かった。原発事故による避難指示が今春解除される自治体の視察を検討しているもようだ。

 震災から7年目に入り、引き続き本県復興に対する姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。

 安倍首相は昨年12月、新地町のJR新地駅で行われた常磐線の再開通式典に出席した。