断線で映像が映らず 第1原発ロボ調査、不要な部品が影響

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力福島第1原発1号機で原子炉格納容器の内部を調べる自走式ロボットの投入中断を巡り、東電は15日、ロボットの動作を確認する監視カメラの映像が映らなくなった原因について、カメラのケーブルを送り出す装置に不要な部品が付いていたため、ケーブルが断線したとみられると発表した。

 16日から同装置の取り換え作業を始める。溶け落ちた核燃料(デブリ)の状況を調べるロボット投入は、装置取り換え作業の状況を見ながら判断するという。

 カメラは格納容器につながるガイドパイプ内を走行するロボットの動きなどを確認する。14日午前10時すぎにロボット投入前の準備としてガイドパイプ内をカメラで確認中、映像が映らなくなった。

 東電によると、不要部品が取り付けられていたことで装置の回転軸が回らなかったとみられる。部品は当初、ケーブルのねじれ防止を目的に装置に取り付けられていたが、装置を改良する過程で不要になった。東電は「不要という情報が共有されず、取り付けられていた」としている。