福島で東京五輪!「あづま球場」開催決定 野球・ソフト会場

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
福島市での東京五輪野球・ソフトボールの開催が決まり、横断幕を手に持つ市職員=17日午後、福島市役所

 国際オリンピック委員会(IOC)は17日、韓国の平昌で理事会を開き、2020年東京五輪の追加種目、野球・ソフトボールの一部試合を本県で開催する計画について、大会組織委員会が提案したあづま球場(福島市)を会場とすることを全会一致で決めた。本県での五輪開催は夏季、冬季を通じて初めて。東日本大震災の復興支援を後押しする狙いがある。野球とソフトボールの1次リーグ1試合ずつを行う方針で、組織委はともに開幕戦の日本戦を想定している。

 組織委は、施設改修を前提にプロ野球公式戦の開催実績もあるあづま球場に絞って調整していた。IOCのバッハ会長も本県で1次リーグの日本戦を実施するアイデアを提案、被災地で競技を実施する意義を強調していた。

 開催決定を受け、内堀雅雄知事は「復興が進んだ姿を世界に発信する貴重な機会。復興五輪のシンボルの一つとなる」と期待を込めた。改修については「(費用は)一定の枠内で収める。復興の阻害要因にならないように対応したい」と述べ、組織委や東京都などと協議していく意向を示した。

 あづま球場は1986(昭和61)年完成で収容人数は3万人。県によると、組織委は内野の芝生化や選手ロッカーの増設、球場と周辺エリアのバリアフリー化などを求めている。

 福島市庁舎に幕設置

 福島市は17日、あづま球場での開催決定を祝う縦1メートル、横6メートルの横断幕を庁舎内に掲げ、庁舎東側の壁には縦18メートル、横0.8メートルの懸垂幕を設置した。

 小林香市長は「オリンピック競技の開催は大変名誉なことでうれしく思う」と喜んだ。JR福島駅から球場までの選手、関係者の移動手段と宿泊施設の確保を課題に挙げながらも「素晴らしい自然や食べ物、温泉を楽しんでもらい、市民とも触れ合う機会があるといい」と期待を込めた。