31歳母親「眠れない」...出産後不安漏らす 川内・乳児殺害事件

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 川内村の実家で生後19日の娘を殺害したとして、双葉署に殺人の疑いで逮捕された母親の容疑者女(31)=郡山市=が出産後、周囲に「眠れない」などと不安を漏らしていたことが17日、関係者への取材で分かった。

 容疑者は同署の調べに対し「育児に疲れた」という趣旨の供述をしており、同署は動機につながる供述とみて詳しい調べを進めている。同署は同日、容疑者を地検いわき支部に送致した。

 逮捕容疑は15日午前3時ごろ、川内村下川内の実家で、長女を殺害した疑い。長女は窒息死の疑いが強く、同署は容疑者が長女の口や鼻をふさいだ可能性があるとみている。