土中に遺体が埋められてる?西郷の休耕田捜索 福島県警に情報

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県警は17日、男性の遺体が埋められているとの情報に基づき、西郷村の休耕田を捜索した。同日の捜索で遺体は発見されなかった。捜査関係者によると、男性は田村市出身で約2年前から行方不明となっている。県警は男性が何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて18日も捜索を継続し、死体遺棄容疑事件として調べを進める。

 捜査関係者によると、県警は昨年までに暴力団関係者の男性が行方不明となっていることを把握し、事件に巻き込まれるなどした可能性があるとみて調べていた。今年に入り、男性の遺体が西郷村に埋められているとの情報を得たことから本格的な捜索に踏み切った。

 現場は県総合福祉施設太陽の国から北西に約700メートルの住宅が点在している農村地帯で、除染工事の事務所があった時期もあるという。現場には高さ約3メートルの鉄製のフェンスが建てられ、ショベルカー1台を使って捜索が行われた。

 近所に住む60代の女性は「何事かと驚いた。普段は静かな地域なのに」と表情を曇らせた。