女将ら考案「桃のスイーツ」 飯坂・いいざか乙和会が試食会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
会員が考案したスイーツや料理

 福島市にある飯坂温泉旅館の女将(おかみ)でつくるいいざか乙和会(畠ひで子会長)は16日、飯坂温泉観光協会事務所で「若ももスイーツ試食会」を開き、桃の甘露煮を使ったメニューをお披露目した。

 温泉周辺は、桃をはじめとした果樹栽培が盛んな地域。春は果樹の出荷量が少ないことから、摘果した小さい桃の甘露煮を利用してお客をもてなそうと企画した。試食会では、各旅館が「若ももヨーグルトムース」「若もも入りプリン」「若ももゼリー」などを持ち寄り、会員と協会職員ら約10人が試食した。20日から協力する13旅館で、オリジナルのスイーツなどを提供する。期間は5月31日まで(各旅館で異なる)。協力旅館次の通り。

 栄楽、福住旅館、昭泉閣、なかむらや旅館、ほりえや旅館、なかや旅館、飯坂ホテル聚楽、摺上亭大鳥、ホテル翠月、松島屋旅舘、吉川屋、おきな旅館、かじか荘