格納容器水中「1.5シーベルト」 第1原発1号機、強い線源か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京電力は19日、福島第1原発1号機の溶け落ちた核燃料(デブリ)を確認する格納容器内部調査について、初日の18日に行われた調査で自走式ロボットが撮影した画像や放射線量などを公表した。現段階でデブリを確認することはできていないが、格納容器の底部にたまっている水中(汚染水)で毎時1.5シーベルトの高い放射線量が測定された。底部に強い放射線を出す線源があるとみられる。

 東電によると、初日の調査地点の底部には結露水などをためる水槽「ドレンサンプピット」や、水槽にたまった水を排出するための配管、ポンプなどがある。格納容器底部にたまっている水の深さは約2.5メートル。毎時1.5シーベルトの線量が測定されたのは底部床面から1メートル上の水中で、ポンプのバルブや配管を支える構造物のようなものが撮影された。

 1号機では、核燃料のほとんどが格納容器底部に溶け落ちたと推定されている。放射線を遮る効果のある水中で高い線量が測定されたことについて、デブリが水槽や配管に流れ込んだ可能性や、炉心溶融の影響で原子炉内に付着した放射性物質が強い線源になっていることなどが考えられる。