デジタルアート満喫 福島で「こどものゆめミュージアム」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
声の大きさで闘気を競うゲームを楽しむ来場者

 こむこむ春の企画展「こどものゆめミュージアム」は18日、福島市のこむこむで始まり、コンピューターで芸術作品を表現するデジタルアートを活用したアクションゲームなどを楽しむ来場者でにぎわっている。4月2日まで。入場無料。

 デジタルエンターテイナーで元芸人のアキラボーイさんの監修で開催。アニメのように気合いをためて闘気を放出する「アニメ大声コンテスト」や、映像のサッカーボールを蹴ってシュートを楽しめる「スーパーシューター」などが体験できる。

 アキラボーイさんが20日と2日ショー

 20日と4月2日はアキラボーイさんによるデジタルショーが開かれる。両日とも定員は290人で、午後2時~同2時45分。

 企画展の時間は午前9時30分~午後5時。21日は休み。