速度違反容疑を「身代わり」...犯人隠避の疑いで59歳女逮捕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県警高速隊は20日午後、無免許運転と速度違反の疑いで東京都世田谷区、会社役員、男(58)と、犯人隠避の疑いで同区、無職、女(59)の両容疑者を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、容疑者男は乗用車を無免許運転し、会津若松市の磐越道下り線を法定速度80キロを28キロ超える時速108キロで走行した疑い。容疑者女は、同隊員の取り調べに、自分が運転していたと虚偽の申し立てをした疑い。

 同隊によると、交通取り締まり中の同隊が速度超過の乗用車を発見。誘導中に容疑者男が路肩に車を止め、助手席の容疑者女と運転を代わったという。両容疑者は新潟県へ観光へ向かう途中だったという。