尺八や着付け体験 海外団体が文化交流、声楽アンサンブル

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
羽織はかまと振り袖姿で記念撮影に臨むフィリピンからの参加者

 福島市で17~20日開かれた第10回声楽アンサンブルコンテスト全国大会に出場した海外団体を対象とした文化交流ワークショップが21日、福島市で開かれ、フィリピンからの参加者が尺八演奏や着物の着付けを体験した。

 参加したのはいずれもフィリピンの「ドン・ボスコ・マカティ・ボスコラール」と「ホーリー・エンジェル・ユニバーシティ・コラーレ」に所属する約40人。参加者は羽織はかまや振り袖の着付けを体験したり、尺八や津軽三味線の演奏方法について講師から指導を受けた。

 福島高合唱部、橘高合唱部との音楽交流会も開かれた。