春の訪れ感じる彼岸獅子 会津若松で華麗な舞披露

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
華麗な舞を披露する獅子(左)と見守る市民

 豊作や家内安全を願う会津彼岸獅子は20日、会津若松市の各地で行われ、観賞した市民らが春の訪れを感じた。

 会津まつり協会と同市商店街連合会の主催。同市の七日町通りや阿弥陀寺の境内では、天寧獅子団の太夫、雄、雌の獅子が太鼓や笛の音に合わせて「庭入」「山おろし」などの古式ゆかしい舞を披露した。3匹の華麗な舞に、訪れた市民らが見入った。

 同日は小松獅子団が同市の市役所通りや神明通りなどで舞を披露した。