頑張るょ除雪!磐梯吾妻スカイライン 春の再開通へ作業本格化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ごう音を響かせ雪を噴き飛ばす除雪車=22日午前、磐梯吾妻スカイライン

 冬季通行止め中の磐梯吾妻スカイライン(福島市、猪苗代町)で、春の再開通に向けた除雪作業が本格化している。県が22日に作業を公開した。

 県北建設事務所によると、現在の積雪量は2月以降の降雪の影響で高湯側では4メートルを超える場所もあり、例年を上回る。4月上旬の再開通を目指して1日に除雪が始まり、これまでに再開通区間の約7割で除雪が完了。除雪車やブルドーザーなどの重機がフル稼働で作業に当たる。

 吾妻山は昨年10月に噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げられ、今年は観光関係者からの期待も大きい。除雪が行われた場所には、道路両脇に雪の壁がそそりたつ風物詩の「雪の回廊」も姿を見せ、観光客を迎える準備が着々と進む。