課題解決型の学習など紹介 福島で「高大接続シンポジウム」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大学入試や高校教育、大学教育の改革「高大接続改革」について考える高大接続シンポジウムが23日、福島市で開かれ、教育関係者らが福島の未来に向けた教育改革の在り方について考えた。福島大の主催。

 シンポジウムでは、ふたば未来学園高企画研究開発部主任の対馬俊晴氏が同校で取り組んでいる課題解決型の学習などについて説明し、「今回の改革では、大学にこうした学習に取り組んでいる生徒を取ってもらえるようにしてほしい」と期待を語った。

 ふくしま学びのネットワークの前川直哉理事・事務局長は高校生を対象に社会活動コンテストなどを実施していることを紹介し、「『課題解決学習と言えば福島』というように、子どもたちが福島で学んだことを自慢できるようにしたい」と思いを述べた。

 県教育庁高校教育課の田母神賢一指導主事は「高大接続改革に対し、教育現場には期待と不安がある」と現場の受け止めを紹介。岡山県立倉敷南高の山下陽子校長、野村証券福島支店の野原邦亮支店長も発表を行った。

 このほか、文部科学省の担当者が高大接続改革の動向について講演した。