飯坂電車...四季感じる「新型1000系車両」 4月1日運行開始

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
公開された新型1000系車両。窓には飯坂温泉の四季が描かれている=24日午後、福島市

 福島交通は24日、4月1日に導入する飯坂線(福島市)新型1000系車両を報道陣に公開した。

 新型車両は歴史、花、未来などを表現した茶、桃、金色のラインが入ったレトロな外観で、特製の「いい電」ヘッドマークも取り付けた。一部車両には、車窓に同市の飯坂温泉の四季をモチーフにしたラッピングを施し、同温泉の観光マップやのれんなども飾られている。また、液晶の車内表示や訪日外国人誘客(インバウンド)に対応した2カ国語の車内放送、車椅子スペースを新たに導入。乗り心地も向上し、消費電力も抑えることができるという。

 同社は本年度、5両を導入。2両と3両の2編成で4月1日から営業運転を行う。