新しい和太鼓演奏を披露 鶴ケ城で「和☆Rockライブ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
和太鼓とさまざまな楽器が融合した曲を披露するメンバー

 東北復興応援プロジェクト「和☆Rockライブ2017」は、会津若松市の鶴ケ城で行われ、来場者が和太鼓とエレキギター、ドラムなどが融合した新しい音楽を楽しんだ。

 JR只見線沿線の魅力を発信し、会津の発展を支援している「ふる里会津を創生する会」と会津まつり協会の共催。和☆Rockは広島県呉市を拠点に活動する和太鼓グループで地元での活動のほかに、震災で被災した地域を訪れて和太鼓を披露している。

 メンバーは和太鼓と笛、エレキギター、ドラムなどの楽器や踊りなどを組み合わせた曲を披露した。来場者は新しい和太鼓の取り組みに興味深く見入った。