「お帰りなさい」飯舘帰還を歓迎 モニタリングポスト設置

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
住民の帰還を歓迎するメッセージが書かれたモニタリングポスト

 飯舘村民の帰還を促そうと村は、玄関口の県道12号沿いの2カ所にメッセージ付きのモニタリングポストを設け、27日に除幕式を行った。二枚橋で行った除幕式で菅野典雄村長が「一人でも多くの村民に帰ってきてもらえるようにメッセージを掲げた。復興に向けて前向きに努力していく」と述べた。

 モニタリングポストは高さ3.2メートル、幅1.2メートルで、川俣町境にある同村二枚橋と、南相馬市境の同村八木沢の八木沢集会所に設置。表と裏にそれぞれ「お帰りなさい 首を長~くして待ってたよ」と「行ってらっしゃい 必ず帰ってきてね」など住民の帰還を歓迎するメッセージが書かれている。

 総事業費は1640万円で、復興庁の再生加速化交付金を活用した。

 村によると、村内には150カ所にモニタリングポストがあり、測定された線量は村のホームページで確認できる。