葉加瀬太郎さんらと高校生『共演』 郡山で「復興支援音楽祭」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
復興支援音楽祭で葉加瀬さんと共演する郡山東高と安積高合唱団=29日午後、郡山市民文化センター

 バイオリニストの葉加瀬太郎さんらと郡山市内の高校生合唱団が共演する「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト」は29日、郡山市で開かれた。生徒ら出演者がフィナーレで葉加瀬さん作曲の「ひまわり」を初演、復興への祈りを乗せた歌声で聴衆に元気を届けた。

 朝日新聞社、福島放送、三菱商事の主催。東日本大震災からの復興支援活動として、2014(平成26)年から福島、宮城、岩手の被災3県で毎年開催し4回目。葉加瀬さんのほか、ピアニストの西村由紀江さん、チェリストの柏木広樹さん、郡山東高合唱団、安積高混声合唱団が出演した。

 「ひまわり」は、被災3県の小中高校生が寄せた文章を基に作詞家の松井五郎さんが歌詞を付け、合唱曲として生まれ変わった曲。生徒たちは葉加瀬さんらの演奏に合わせ伸びやかな歌声を披露した。