福島の老舗「わかさや呉服店」4月末閉店 110年超の歴史に幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
閉店する老舗呉服店わかさや

 福島市の中心市街地にある老舗の「わかさや呉服店」が4月30日で閉店する。同店は1899(明治32)年創業で110年を超える歴史を有する。国道13号沿いにあり、JR福島駅や県庁からも近く、県都の発展を見続けてきた福島を代表する店舗で、市民からは閉店を惜しむ声も上がっている。

 閉店理由について同店は「諸事情により」としており、閉店後の店舗の利活用についても決まっていないという。閉店に伴い同店は4月1日~30日、閉店セールを実施する。