郡山で「子ども教室」開所 高倉小地域、安全・安心な居場所を

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 児童が放課後に学習や体験、交流活動に取り組む高倉小地域子ども教室の開所式は2日、郡山市日和田町の同校で行われ、入会児童と保護者、周辺住民の安全管理員ら約60人が開所を祝った。同教室は市内で7カ所目となる。

 市が放課後の児童の安全、安心な居場所を確保するために設置し、全校児童49人のうち、希望した14人が入会した。地元住民でつくる運営協議会(大越勝美会長)の運営で開校日の午後1時30分~同6時30分、休校日の午前7時30分~午後6時30分に同校体育館ミーティングルームに開設、安全管理員17人が交代で見守る。

 式では、品川萬里市長と大越会長があいさつし、水野那南さん(5年)が「みんなで助け合い、楽しく過ごすことを誓う」と宣誓、矢吹洸君(4年)、熊田空さん(5年)ら関係者7人でテープカットした。