郡山商、2年連続高校日本一 リテールマーケティング検定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
検定に合格した生徒たち

 郡山市の郡山商高経済流通科の98人が、日本商工会議所主催のリテールマーケティング検定2級に合格した。同校によると、同校の合格率は82.3%で、合格者数とともに2年連続の高校日本一。

 同検定は販売店で店員の指導に当たることができる資格。販売技術や接客マナーなどの知識を問う。

 同校で3月30日、合格認定証の授与式が行われ、小林喜則校長が代表の安田小晴さんに認定証を手渡した。

 安田さんは「楽しく勉強ができた。公務員を目指す上で学びを応用できるようにしたい」と話した。