『北口駐車場』オープン いわき駅周辺、渋滞解消に期待

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
有料公共駐車場の完成とオープンを祝い、テープカットする(左から)長谷川社長、浜野副駅長、清水市長、橋本署長、松崎副会長、神好社長ら

 いわき市がJRいわき駅北口に整備を進めてきた「北口駐車場」が完成し、利用が1日、始まった。同日、現地でオープン記念式典が行われ、関係者らが完成と利用開始を祝った。

 同駐車場は北口交通広場の下部空間を活用した有料公共駐車場。2015(平成27)年度に工事に着手。事業費は約1億8千万円で、障害者用2台を含む60台収容の駐車場を整備した。

 駅北側の交通の利便性が高まるほか、駅乗り入れや乗客らを待つ車の待機場所となり、駅周辺の渋滞解消に期待がかかる。

 式では、清水敏男市長が「中心市街地のにぎわい創出につながることを期待する」とあいさつし、橋本宗男いわき中央署長、浜野清和いわき駅副駅長、松崎総一郎市平商店会連合会副会長、長谷川浩一堀江工業社長、神好雄治ジェイ・ケイ・リアルタイム社長と共にテープカットを行った。

 料金は30分まで無料。1時間200円で、その後は30分ごとに100円。24時間最大千円。