こども記者が科学技術社会へ提言 「こども新聞サミット」閉幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
科学技術が発達した社会などについて木村さん(右から2人目)らこども記者が発表したこども新聞サミット

 全国の子ども新聞や子ども向け紙面の読者を代表する「こども記者」が参加した「こども新聞サミット」は4日、東京都江東区の日本科学未来館で、分科会ごとに未来に向けたアクションプランを提言して閉幕した。

 福島民友の「みんゆうジュニア情報局」など全国の子ども新聞や子ども向け紙面を持つ29の新聞社から、こども記者52人が参加。科学技術、地方と都会など六つのテーマの分科会で2日間議論し、工夫を凝らして成果を発表した。

 本県からは、みんゆうジュニア情報局のこども記者として福島大付小6年の木村瑞生(みずき)さん(11)=福島市=が参加。「科学技術が発達した社会」がテーマの分科会で意見を交わし、全体発表で科学技術との付き合い方などについてグループとして提言した。