住民憩いの場へ再開 福島・南相馬『Cafeほっと悠あゆみ』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
再開した「Cafeほっと悠あゆみ」=南相馬市小高区

 東京電力福島第1原発事故の影響で休業していた福島県南相馬市小高区の授産施設「ほっと悠あゆみ」が5日、名称を「Cafeほっと悠あゆみ」に変更して再開した。

 避難指示が昨年7月に解除された同区で、住民の憩いの場となることを目指して再開。ドリンクやケーキなどを提供している。

 再開初日の同日は住民らが訪れ、コーヒーやケーキを味わいながら交流。また、チェロ奏者野瀬正彦さんの演奏も披露され、住民らを楽しませた。

 同施設を運営するNPO法人ほっと悠の村田純子理事長は「さまざまな人の支援で再開できた。多くの人が集い語らえる場となれば」と話している。

 営業は午前10時~午後3時で、定休日は土、日曜と祝日。住所は南相馬市小高区関場1の52の2。電話・ファクスは0244・26・5707。