「富岡郵便局」6年ぶり営業再開 町唯一の郵便局...復興後押し

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
6年ぶりに業務を再開した富岡郵便局。宮本町長(左)は早速、郵便書留を発送した=富岡町

 東京電力福島第1原発事故に伴い休業していた富岡町の富岡郵便局は5日、町の帰還困難区域を除く避難指示解除を受け、約6年ぶりに営業を再開した。原発事故で休業した県内27局のうち、再開は7局目。町内では帰還困難区域にある夜ノ森郵便局が営業を休止しているため、唯一の郵便局となる。

 局員3人が勤め、郵便、貯金、保険、物販の各種業務に当たる。配達は、いわき郵便局が担う。現金自動預払機(ATM)1台も稼働した。現地での開局セレモニーでは、中江紳悟日本郵便東北支社長が式辞、宮本皓一町長が祝辞を述べ、テープカットした。

 営業時間は郵便と物販が午前9時~午後5時(貯金と保険は同4時)。ATMは平日が午前8時45分~午後6時、土曜日が午前9時~午後5時、日曜日・祝日が午前9時~午後3時。住所は休業前と変わらず富岡町本町1の25。