無線鉄塔ライトアップ『福島の花』表現へ 東北電力・福島営業所

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ソメイヨシノをイメージしたライトアップ=東北電力・福島営業所

 東北電力は6日、福島市の福島営業所で行っている無線鉄塔ライトアップの色彩を、福島の花をイメージした「フラワーバージョン」に変更する。

 花見山や花ももの里など春の花の名所が集う福島の観光振興を応援しようという同社の取り組み。5日までは桜色の照明を点灯していたが、6日からソメイヨシノ、レンギョウ、ハナモモ、ハクモクレン、カタクリ、ボケをイメージした薄紅、黄、桃、白、紫、赤の6色を15秒間隔で順に点灯する。

 5月7日までの約1カ月間、午後6時~同10時に点灯する。3日に試験点灯が行われた。

 合わせて福島営業所が面する吾妻通りの歩道を桜色の光で照らす「SAKURAロード」も行う。