85歳女性の死因は失血死 無理心中か?89歳夫「自分がやった」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 南相馬市の男性(89)方で5日、妻(85)が腹から血を流した状態で見つかり、その後死亡した事件で、85歳女性の死因は失血死だったことが6日、福島医大での司法解剖の結果で分かった。

 南相馬署によると、85歳女性のそばで腹から血を流し倒れていた89歳男性が福島市の病院に搬送中、「自分がやった」と話したという。89歳男性は命に別条はない。89歳男性と85歳女性の近くに包丁が落ちていたという。同署は現場に押し入られた形跡がないことなどから、無理心中を図った可能性があるとみて、89歳男性の回復を待って事情を聴く方針。

 同署によると、85歳女性は5日午前に入所している相馬市の介護施設から一時帰宅した後、息子の60代男性が寝室で血を流して倒れていた2人を発見した。

 関係者によると、85歳女性は4年ほど前に要介護認定を受け、相馬市の介護施設を利用していた。南相馬市によると、89歳男性から介護相談などを受けたことはなかったという。