ビオラなどを使いデザイン飾る JR福島駅前で植え替え作業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
花時計の春植え替え作業

 春の観光シーズンの到来に合わせ、福島市のJR福島駅東口駅前広場にある花時計の植え替え作業が7日行われた。

 福島明成高の生徒と福島商工会議所女性会連合会のメンバーが季節ごとに花を植え替え、同駅利用者や観光客を楽しませている。今回はビオラなどを使い花見山と種まきうさぎのデザインに飾った。

 作業は華のある女性陣に加え、春を感じさせる社名の「桜井造園」が取り仕切り、花のまち"ふくしま"の玄関をスムーズに彩った。花時計は福島商工会議所の創立100周年を記念し、7月ごろにリニューアル予定。