『かわいぃ~』...猫のらぶ館長人気!三春・飛び猫展を盛り上げ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
一日館長の大役を務め、来場者に囲まれるらぶ駅長

 飛び入り参加だニャ―。福島さくら遊学舎(三春町)で開催中の「五十嵐健太・飛び猫写真展」で8日、猫駅長として知られる会津鉄道芦ノ牧温泉駅の「らぶ駅長」が一日館長を務めた。猫の写真に囲まれたらぶ駅長の愛くるしい姿が、来場者の人気を集めた。

 少し緊張気味のらぶ駅長は数々の猫の写真が並ぶ館内を巡回し、写真の猫と目が合うと、恥ずかしそうに視線を外す場面も。来場者は館長の大役を務めるらぶ駅長を囲み、「かわいい」などと歓声を上げた。

 同展では、五十嵐健太氏の作品「飛び猫」などの人気シリーズから約180点を展示。猫グッズ販売、猫の写真やイラストコンテスト「CAT総選挙」などを催している。5月21日まで。入場料は一般800円、大学生700円、中・高生600円、小学生400円(未就学児無料)。問い合わせは福島さくら遊学舎(電話0247・61・6345)へ。