夜桜、光に照らされて 南相馬、復興支援のキャンドルも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
キャンドルの明かりの中、夜桜を楽しむ来場客ら

 南相馬市原町区の桜の名所の一つ、夜の森公園の桜まつりが、同公園で始まり、16日まで開かれている。来場者がライトアップされた夜桜を楽しんでいる。

 ライトアップの点灯式では、鈴木清重南相馬観光協会長があいさつ。鈴木会長や桜井勝延市長、高橋隆助原町商工会議所会頭らがスイッチを押すと、公園の桜が明かりで照らされ、訪れた来場客から歓声が上がった。

 このほか、復興支援のキャンドルナイトも行われ、来場者が復興への希望などを託した。

 ライトアップの時間は午後6時~同9時。期間中は焼きそばや綿菓子などを販売する屋台が並ぶ。