啓発グッズ「キミを守るカラ」作製 福島北署が安全運転呼び掛け

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
温泉卵で安全運転を呼び掛ける啓発グッズ

 福島北署は9日までに、福島北地区交通安全協会など交通3団体の協力で、温泉卵を使った交通安全の啓発グッズ「キミを守るカラ」を作製した。

 「キミ」と「黄身」、「カラ」と「殻」の語呂合わせで注意を喚起しようと企画した。「優しく包む心でハンドルを」と記されたチラシと、飯坂温泉名物の「ラジウム玉子」がセットで袋に入っている。

 グッズは、春の全国交通安全運動に合わせて、500セットを作製した。キャンペーンなどでドライバーらに配り、安全運転を呼び掛ける。