車両出火は外部から 郡山で火災3件、連続放火の疑い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市のJR郡山駅付近で8日に発生した連続3件の火災で、車両前部が焼けた国際医療看護福祉大学校の実習用救急車は外部から出火したとみられることが10日、郡山地方消防本部などへの取材で分かった。郡山署は、連続放火の疑いもあるとみて引き続き原因を調べている。

 同本部などによると、車両前部のバンパー付近の焼け方が激しかった。内部から出火した形跡はなかったという。同署と同本部は9日、現場で実況見分を行った。