「廃炉への思い感じて」 東電新首脳陣に内堀福島県知事が注文

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 内堀雅雄知事は10日の定例会見で、東京電力ホールディングスの川村隆次期会長ら新首脳陣について「何度も現場に入り、県や市町村の話を聞き、県内の原発全基廃炉という県民の強い思いを肌で感じてほしい」と注文を付けた。

 川村氏は3日に都内で開かれた会見で第2原発の廃炉について「勉強が進んでおらず、情報も持っていない」と発言、小早川智明次期社長も態度を明らかにしなかった。

 内堀知事は「福島第1原発事故の被害の甚大さは過去形ではなく現在進行形、未来形でもある。当事者としての責任を持ってもらいたい」と述べた。

 また川村氏が「政府が考えているレベルの原発は必要」との認識を示した原子力政策について、内堀知事は「第1原発事故の過酷さや深刻さを十分に踏まえ、国民の安全・安心を最優先にする。この二つを一番の基軸に置いて原子力政策の在り方というものに対応してもらいたい」と語った。