「ふくしまの水」が最高金賞 モンドセレクション2017

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
最高金賞を受賞した「ふくしまの水」

 福島市は10日、同市の摺上川ダムを水源とする水道水を詰めたペットボトル「ふくしまの水」が、国際的な品質評価コンテスト「モンドセレクション2017」の「ビール、水、ソフトドリンク部門」で最高金賞を受賞したと発表した。

 同商品は15、16年と連続で金賞を受賞したが、応募3年目で初めて最高金賞を受賞した。

 同商品は同ダムの受水開始や市制施行100周年を記念して、06(平成18)年に製造を開始。同市の水道水の安全性とおいしさを伝え、原発事故の風評を払拭(ふっしょく)しようと15年に初めて同コンテストに応募した。

 金賞受賞以降、製造数を増やし、昨年度までに計45万4千本を製造。本年度はパッケージに「最高金賞」のラベルを貼り、12万本を製造する。

 同商品はJR福島駅や県観光物産館など39店舗のほか、インターネットでも販売。多くの店舗で500ミリリットル100円(税込み)で販売している。

 小林香市長は同日、記者会見を開き、受賞理由について「3年連続でおいしく安全な商品を安定的に供給していることや、売り上げの一部を水源保全に役立てていること、ラベルのデザインを毎年変えていることが評価されたと思う」と指摘。「市制施行110周年の記念すべき年に念願の最高金賞を受賞でき大変うれしい」と喜んだ。