キャッシュカード渡し120万円詐欺被害 70代女性、警察官装う男に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 郡山市の無職の70代女性から「警察官などを名乗る男から現金約120万円をだまし取られた」と、14日までに、郡山北署に相談があった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、13日、女性方に警察官や詐欺被害金を補償する協会の職員を名乗る男から「詐欺の被害金が補償される」「カードの利用を停止するためには、キャッシュカードが必要なので、取りに行く」などと電話があった。

 話を信じた女性は同日午後2時ごろ、女性方を訪れた男に銀行のキャッシュカードを手渡し、暗証番号を教えたところ、同6時までに口座から現金約120万円を引き出されたという。

 女性が家族と同署に相談したところ、だまされたことが分かった。