「こけし祭り」開幕 福島・土湯温泉、ファンら工人の力作に魅了

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
お気に入りのこけしを買い求める来場者たち

 日本有数のこけしの里として知られる福島市土湯温泉町で15日、第42回土湯こけし祭りが始まった。工人の力作こけしが並び、こけしファンや観光客でにぎわっている。16日まで。

 伝統工芸品の魅力を伝えようと土湯温泉観光協会が毎年開催。初日は、こけし工人が絵付けした「こけし型絵馬」のプレゼントや、秋田、山形、宮城の3県から招待した工人5人の作品の販売などが行われた。

 最終日は、こけしの日本遺産登録を目指す東京こけし友の会と各地の工人によるトークショーやこけし制作実演、抽選会などが行われる。午前9時30分から午後2時まで。