「小名浜マリンブリッジ」橋名板完成 書家・金沢翔子さん揮毫

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
3号ふ頭側に設置された橋名板「小名浜マリンブリッジ」。命名者の園部さん、揮毫した金沢さん(左)

 いわき市小名浜港に整備中の東港地区(人工島)と3号ふ頭を結ぶ橋「小名浜マリンブリッジ」の橋名板が完成し、17日、現地で除幕式が行われた。

 橋名板は縦1.57メートル、横95センチのステンレス製のプレートで、橋の両端に1枚ずつ設置され、3号ふ頭側に書家金沢翔子さん(31)が揮毫(きごう)したプレートが取り付けられた。東港地区側にはローマ字のプレートが設置された。

 式では仙崎達治国土交通省小名浜港湾事務所長が「橋がいわきのさらなる発展のシンボルになってほしい」とあいさつした。金沢さんと、橋命名者の同市の会社員園部早由里さん(64)も式に参加し、仙崎所長から感謝状を受けた。

 23日には「渡り初め」などのお披露目行事が行われる。橋は長さ927メートルで、当面は東港地区の工事車両のみが通行する。